menu
Lotus Beauty Blog

5大宝石 宝石を代々継承していくという文化

category: blog

5大宝石と言われる5つの宝石をご紹介します。

 

エメラルド(緑)、ルビー(赤)、サファイア(青)、ダイアモンド(白)、翡翠(薄緑)。

(翡翠の部分が、アレキサンドライトや真珠に変わる場合もある。)

この5種類の宝石が『世界5大宝石』。

 

これらの5つの色を揃えていれば、

多種多様な装いとジュエリーを合わせるのに、困る事はないと言われています。

 

 

“BIJOU DE FAMILLE”(ビジュードファミーユ)というフランス語の言葉があります。

BIJOUは宝石、FAMILLEは家族。

フランス語で“家族の宝石”という意味です。

 

大切なジュエリーを親から子へ、子から孫へ・・・

何世代にも亘って、祖先たちが歩んだ歴史と想いが込められたジュエリーが

代々受け継がれていくという素晴らしい文化。

 

5大宝石は非常に硬い天然石で、尚且つ、K18やプラチナを使ったジュエリーであれば、

割れや欠け、錆びなどは無縁で、長い歴史を繋ぐのに最適のジュエリーと言えます。

 

5大宝石でリング、ペンダント、ピアス(イヤリング)の3点を揃え、

その家の資産として伝えていく。

『普遍の価値ある資産』を受け継いでいく、ということになります。

 

日本ではまだ、ジュエリーを継承していくという考え方が浸透しておりませんが、

歴史と想いが詰まったジュエリーを簡単に手放すのではなく、

是非とも大切に受け継いでいって欲しいと願っています。

category

  • カテゴリーなし

recent post

¥618,000
¥677,440
close